施設の四季だより

TOP施設の四季だより

季節の四季だより

2020.09.25

敬老の日New

【特別養護老人ホーム 鈴鹿聖十字の家】

敬老の日は、国民の祝日の一つで、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日を敬老の日と定めています。 そして、長い間、社会の為につくしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活の向上を図ろうという気持ちが込められています。

さて、当施設最高齢の入居者様はおいくつでしょうか?
103歳の女性の入居者様です。お話し好きで、とてもお元気なご利用者様です。
職員みんなが「私らもまだまだ頑張らなければ」と毎日元気づけられています。


2020.08.27

日本財団チャリティー自販機

【特別養護老人ホーム 鈴鹿聖十字の家】

最近日本では毎年のように大規模自然災害が発生しています。

・2020年7月3日以降に熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で発生した集中豪雨。
・台風19号。2019年10月に発生した台風で、関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらした。
・北海道胆振東部地震。2018年9月6日3:08に発生したMj6.7の地震。厚真町で震度7、札幌市東区や新千歳空港などで6弱を観測。苫東厚真火力発電所の緊急停止から発生したブラックアウトにより全道295万戸が停電となった。

数えだしたらきりがないくらい発生しております。当事業所においては幸い大規模災害には被災しておりませんが、いつ被災してもおかしくない状況です。
まだ幸いにも被災していない我々が何かできないかと考えた結果、まず第一歩として事業所内にチャリティー自販機を設置することとしました。
これは自販機の売り上げ代金から1本10円が日本財団より災害復興支援特別基金に寄付される仕組みです。
職員は自販機でジュースを購入することによって直接CSR活動に参加できます。
現在面会制限中ですのでご家族様には買って頂くことはできませんが、面会が可能になりましたら、ぜひこちらの自販機でご購入いただけると幸いです。

2020.08.15

オンライン面会やってます! 聖十字ハイツ

気が付けばもう8月です。毎年「今年は今までで一番暑い」と言っているような気がする猛暑が、梅雨明けとともにまたやってまいりました。

昨今の新型コロナウイルス蔓延により、全国各地の施設でご家族面会が中止になっています。聖十字ハイツも今年の5月から、解禁を挟みつつも面会の中止をさせていただいております。
そういった不安な時期だからこそ聖十字ハイツでは、ご家族様・ご利用者様双方に普段のご様子をお伝え出来ないかと考え、ベランダ越し面会や窓越し面会、通話アプリのLINEの登録といったサービスを始めさせていただきました。
LINEについては3ヶ月たった今では、およそ40人のご家族様から登録いただいています。

映像やビデオ通話でのやり取りは、会えない時期にあってもご家族様やお友達と「つながっている」と実感できる喜び・心強さ・懐かしさを感じられるのでしょう。皆様が笑顔(そして時々涙)を見せていただけます。
ご本人の表情や感情といった部分は、職員からの「お元気に過ごされておられます」という言葉だけでは伝えきれません。しかし、写真やムービーを添えることで、より説得力ある「今のお姿」として届けられているのではないかと感じています。

2020.07.22

入居者の皆様に咲かせていただいたヒマワリ♪白百合ハイツ

いつも「施設の四季だより」をご覧いただき誠にありがとうございます。
毎日のように雨が続いたかと思うと強烈な日差しとなったりで、気温、湿度ともに大変高くなり熱中症になる恐れがある日々が続きます。ご覧いただいている皆様もお体には十分にご自愛いただきますようお願い申し上げます。
また今年の梅雨は長くなるとも言われております。例年では考えられないような大雨による多大な被害を受けておられるところもたくさんあり心よりお見舞い申し上げます。

最近は新型コロナウィルスの関係で、各種の催しやクラブ活動などが中止となっていたこともあり、なかなか更新できない状況が続いておりまして申し訳ございません。
入居者の皆様も以前ほど行動の制限はないものの、できるだけ外出など控えていただいておりますので、最近は施設の花壇のお世話などをお手伝いいただくことが多くなっています。
「昔は自宅でガーデニングなどもしていたので、なんか懐かしくて楽しいわ~」と
額に汗をしながら早朝から一生懸命にお世話をしていただいています。
以前はどうしても育たなかった施設右側の花壇も、土を入れ替えていただいたり栄養剤や水やりをしっかり実施していただくことで写真のようにひまわりも元気な花を咲かせるようになりました。ひまわりの花のように早く全国の皆様の笑顔が満開になることを日々願っています。

2020.07.06

七夕

【特別養護老人ホーム 鈴鹿聖十字の家】

明日は7/7、七夕です。
七夕の由来は、皆さんもご存知の織姫・彦星の星物語から始まります。新暦の7月7日はまだ梅雨のさなかで星空もよく見えないかもしれませんが、旧暦の七夕は現在の8月なので夜空もきれい。月遅れで東の空を見上げてみてはいかがでしょう。
天の川に輝く琴座のベガが織姫(織女星)で、鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)。この2つの星と白鳥座のデネブを結んだものが「夏の大三角形」と呼ばれ、夏の星座を探す目印になっています。白鳥座は、二人の橋渡し役となるカササギです。

当施設では各ユニットに笹の葉を飾り、ご利用者様に願いを込めた短冊を書いて頂きました。
また面会スペースにはご利用者様、ご家族様、一緒に願いを込めた短冊を書いて頂けるスペースを設けております。
私はコロナの終息とご利用者様の健康をお願いし、笹の葉に飾らしていただきました。

2020.06.13

一部面会制限解除のお知らせ

【特別養護老人ホーム 鈴鹿聖十字の家】

新型コロナウイルス感染症に伴う三重県の非常事態宣言は一旦解除となりました。
しかしながら高齢者施設等については、厚生労働省、三重県等、行政からの通達もあり感染経路の遮断という観点から、緊急やむを得ない場合を除き、面会の制限をさせていただいているところです。
この状態がいつまで続くか分からない中、ご家族様におきましては大変なご心配とご不便をお掛けしております。施設としてもどうにか方法はないかと検討した結果、オンライン面会(テレビ電話)の準備が整いましたのでお知らせさせて頂きます。(通年)また、面会制限の一部を解除させていただきます。(6/19より)
※利用者様のご家族様にはお手紙を郵送させていただきましたので、詳細はそちらをご確認ください。

今後も新型コロナウイルス感染症の状況により、再度面会中止や更なる面会制限の解除等を行う事が考えられますが、その都度ご家族様に連絡させていただきます。
色々と制限ある中でのご面会になりますが、何卒ご理解いただけますよう、宜しくお願いいたします。



2020.04.14

新型コロナウイルス感染

【特別養護老人ホーム 鈴鹿聖十字の家】

新型コロナウイルス感染症の更なる蔓延が危惧される中、施設において感染防止を図ることが重大かつ喫緊の課題となっております。
県内でも複数の感染者が確認され、持病がある人や高齢者等は特に重篤化しやすいとされております。要介護者らが集団で生活する高齢者施設では特に配慮が必要であります。当施設では「病原体を持ち込まない、広げない、持ち出さない」と対策を徹底し、利用者様へのケアはもとより、施設運営の生命線とも言える現場職員の感染防止に一層気を配っております。
ご家族様には面会制限により心配な思いとご不便をおかけしておりますが、何卒ご理解、ご協力をよろしくお願い致します。
面会制限解除の期限は未定でありますが、面会制限が解除できるようになりましたら、ご連絡させて頂きますのでご了承ください(厚生労働省、三重県、鈴亀地区広域連合等行政の要請を踏まえて決定をさせて頂きます)

ご利用者様にもご家族様との面会、外出行事、ボランティア行事等の中止によりご不便をお掛けしております。
少しでも楽しんで頂けるようようユニット内で色々なアクティビティを職員が考えて参加していただいております。

ご利用者様のご様子等はいつでもご連絡いただければご説明させていただきます。
また緊急やむを得ない場合に限り、施設のマニュアルに沿って面会していただけます。

2020.03.14

春の気配♪白百合ハイツ♪

だんだんと暖かい日も多くなり、過ごしやすくなってまいりました。
白百合ハイツの花壇では、ガーデンシクラメン、パンジー、ビオラ、クリスマスローズなど、冬の間もたくさんのお花を楽しんでいただくことができました。
中でもこの白いお花「スーパーアリッサム スノープリンセス」がとても大きく成長しました。
また、入居者様がお部屋のベランダで種から育てて、花壇に分けてくださった桜草も咲き、春に向けてますますにぎやかな花壇になってきています。

そして秋の終わりに植えていたチューリップの球根からとうとう芽が出ました!!
なかなか出てくる気配がなく心配しておりましたが、「チューリップは強いから大丈夫よ!」という入居者様のお言葉通り、力強く芽を出してくれました。
花を咲かせてくれるのが今から待ち遠しいです♪

また皆様と観察する楽しみが増えました(*^_^*)♪

2020.03.07

端午の節句の手作り飾り♪白百合ハイツ♪

今年は暖冬で雪の降る日がほとんどありませんでしたが、それでも冷たい風の吹く日が多かったように思います。
しかし着実に春がやってきています。

この「施設の四季だより」にも掲載させていただいたことがあるかと思いますが、玄関ロビーの飾りとは別に折り紙教室を担当している事務職員が企業様のフリー素材を利用して手作りの飾りを作成しています。
そこで今回は端午の節句に向けて「兜と鯉のぼり」の飾りを手作りさせていただきました。入居者様からは「上手ねぇ、また教えて。」という声をいただくなど、とても喜んでいただいています♪
3月3日の「ひな飾り」も作成していたのですが、手違いで写真がとれておらず・・・残念!!
また来年は掲載させていただきます。

2020.02.14

2月の喫茶♪白百合ハイツ♪

本日の午後は食堂にて喫茶を開催しました。
今月は「カルタ」をして遊びました。
今回は「こものかるた」と「都道府県カルタ」の2種類のカルタを用意しました。
こものかるたは菰野町のことを知ってもらうために、町民から絵柄と読み札を募集して作られたものだそうです。
どちらのテーブルも大盛り上がり!
大きな声と札を取る音が響き、都道府県、菰野町の名所や歴史を楽しく知ることができました♪


Copyright(C)2014 社会福祉法人鈴鹿聖十字会.All rights reserved.